築40年の物件が新築以上に輝きだす!モノトーンリノベで高級感を演出

広報部坂本です。花粉症がつらい日々ですが、過ごしやすい季節となりました。

さて今回ご紹介するのは築40年の物件。

こちらのマンションは課題を2つ抱えていました。

1つ目は駅から20分弱と遠いこと

2つ目は近辺地域に新しい賃貸物件が増えたこと

です。

オーナー様いわく「建物が古くなったものの、まだ15年ほどは運用したいので、入居率が下がる前の対策としてリノベーションしたい」とのことでした。

 

 

ターゲットは、「生活で車を使用している30代の男女」

駅から遠い物件なので駐車場を完備しているためです。

アローペイント デザインチームが提案したデザインプランがこちらです。

 

 

 

ベージュやブラウンを用いると柔らかいイメージに。

モノトーンだとキリリと引き締まり、シックで高級感があります。

今回は車やアウトドアが好きな男性をターゲットに見据えて、後者のクールでアグレッシブなデザインを採用することに。

さて、施工後のアフターをご覧ください。

壁にはマンション名もペインティングしています。

ソリッドな黒ではなく、グレーっぽい黒にすることで柔和な印象も残しつつ、高級感のあるマンションに仕上がりました。

 

築年数が重なると、マンションを売却するか、それとも手入れしながら長く運用するか、オーナー様は迷われるかと思います。

どちらにせよ、修繕するとともに外観デザインを一新することで物件の価値を引き上げることができます。

アローペイントは大規模修繕専門店ですが、中にプロのデザイナーをかかえています。

「デザイン事務所でかっこいいデザインを提案してもらったものの見積もりを見たらものすごく高かった」

「大規模修繕店にデザイン提案をお願いしたものの、あまりパッとしたものを作ってもらえなかった」

そんなトラブルを回避できる方法はただ一つ。

「デザイナーを完備した大規模修繕店」に依頼することです。

 

時間やお金のコストカットにもつながります。ご自身の物件やお知り合いのオーナー様でお困りの方がいれば、ぜひアローペイントにご相談ください!

お問い合わせはこちら