第一印象で惹きつける!エントランスのデザイン効果を紹介

 

どんなマンション、アパートであれ、エントランスは建物の顔になります。

第一印象がここで決まる場所でもあるので、アローペイントの大規模修繕ではエントランスのデザインにもこだわっています。

今回はそんな、玄関周りのビフォーアフターを中心にご紹介します!
単身者や若者向けのワンルームのマンションですが、古くなってきたので周りのマンションに負けないよう、デザインを変えたいとのご依頼。
集合住宅には必須のゴミ置場ですが、こちらの物件は入り口前にも通路内にも設置している状況でした。

 

入り口前のゴミ置場や遺留物の植木鉢を撤去。それだけでも見た目がすっきりと変わります。

生活感がなくなり、女性からも人気が出そうな洒落た印象になりました。

レンガの重たい印象を変えたいとのご要望だったので、北欧のカフェ風を彷彿させるカラーリングにしました。
銘板も新しく英語表記に。

床も木目調のシートがおしゃれで暖かみを感じさせます。

 

通路からはみだしていたゴミ置場は奥行きスリムな大型タイプへと変更を提案しました。

完全に中が隠れる形状なので通路の邪魔にならずスマートなスペースになりました。

 

北欧カフェ風をコンセプトとした今回のデザインですが、 閉鎖していた入り口横の店舗にはなんと本当におしゃれなカフェが新しく入居オープンされ、ますます明るい爽やかな雰囲気になりました。

物件の顔となる場所が変貌することで受ける印象が抜群に良くなります。
ぜひ、大規模修繕の際にはエントランスのデザインにもこだわってみてくださいね。
 それでは、皆様良いお年を!