大規模修繕を行う適切なタイミング

 

「この家、キレイといえばキレイなのに、なんでタイルの色が不揃いなんだろう?」

 

街の中でマンションやアパートを見て、違和感を覚えたことはありませんか?
あれはわざとそうしているのではなく、施工した時期が遅かったので新築時のタイルが廃番になり、仕方なく近似色で施工してしまったからなんです。

タイルの貼り替えにしても、10年程度でタイル自体が廃番になってしまいます。
大規模修繕時に新築時のタイルと全く同じものを貼るのと、類似のタイルを貼るのとでは、できあがりがまったく違うのです。

性能は元に戻せても、見た目が戻らず、どこかかっこ悪い見た目のマンションになってしまい、最悪の場合入居率低下につながってしまうことも……。

大規模修繕のタイミングを見誤ってしまうと、そんなトラブルが起こってしまうことがあり得ます。成功させるためには、適切な時期に大規模修繕を行うことが不可欠です。

さて、大規模修繕の適切なタイミングとはいつなのでしょうか?

 

やれ12年目にやるのがいい、やれ15年目がベストだ、いろんな説があります。

基本的には10年目〜15年目以内に大規模修繕をすれば、新築時の状態に戻すことが可能です。

とはいえ、「じゃあ13年目の今年はまだいいか。再来年が15年目だから、その時に見てもらおう」といって業者を呼ぶと、「かなり劣化が進んでいて、今大規模修繕をしたとしても新築時に戻すのは難しい」ということが発覚することもあります。

その原因は、新築時の施工がしっかりしていなかったことや、台風などの災害で劣化が進行してしまったことなどが考えられます。

たとえ建てて15年目でも、劣化具合は20年目程度だった!なんてこともありえるんです。

それを防ぐためには、こまめに物件の状態をチェックすることが重要です。

大規模修繕の適切なタイミングは建物によって異なります。「めんどうくさいから、ギリギリまでやりたくない」なんて放っておくのは、危険です!

 

また、大規模修繕は一つの物件に対して2回か3回行うのが普通です。

2回目は築30年〜35年にやることになりますが、その際は配管や設備系の修繕もするかどうか検討しなければなりません。

配管や設備系の修繕を見送るのであれば、遅くとも築45年目あたりで必ず修繕した方が良いでしょう。

物件のチェックの仕方については、また別の記事でご紹介します。