浮きの見方、教えます

建物は10年〜15年ほど経過すると、壁などに浮きが見られるようになります。

浮きとは外壁などの構造材から外装部分が浮き上がっていること。浮きができて時間が経つと外装が剥がれ落ちたりするため、補修が必要となります。

あなたの物件にももしかしたら浮きが発生しているかもしれない……その確認方法はとても簡単です。

こちらの動画では屋上の浮きを確認する方法を解説しています。

打診棒を持っている方は、ぜひ壁や屋上の傷み具合を確認してみましょう。早い段階であればあるほど、修繕はたやすくなります。