シリコン、それともフッ素…?外壁修繕はどの塗料を選ぶべき?

建屋の修繕工事を検討される際、業者によって外壁に塗装する塗料の材質が違い、どれを選べばいいのか悩んだことはありませんか?

実は塗料の選択は、「どんな塗料を選ぶべきかわからない」といった疑問や、「業者任せにして必要以上に高価な塗料で施工してしまった」という後悔の声など、施主様の頭を悩ませる問題となっています。

「どれも大差ないだろうから安いのでいいや」とか、「金額が高い方が品質もいいはずだから一番高額なものにしておこう」と、安易に決めてしまう方もいます。

しかし、塗料によって価格はもちろん、耐久性、性能(遮熱など)、保証年数が違います。

ご予算はもちろん、修繕で解決したいこと、今後の物件の保有年数などに応じて、適切な塗料を選択する必要があるのです。

★塗料の種類と耐久年数の比較★

外壁用途料で一般的に使用される塗料の種類と耐久性は以下の通りです。

耐久性が上がると、価格も高くなる傾向もあります。
中期的に移転や解体を考えられている物件と、長期保有でしっかり保全した場合では必要な耐久年数が違いますよね。

また、「暑さ対策をしたいので日射反射率の高い遮熱塗料を検討したい」「防水性を高めたいから弾性塗料で」など、塗料に特別な機能を付加するかどうかで更に選択肢が広がります。

アローペイントではお客様のニーズ合わせた塗料のご提案が可能です。

多数の種類の塗料の中から最適な施工プランでの御見積を致しますので、修繕をご検討の方はぜひ一度お気軽にお問い合わせください。